1820792_75.gif

今日は、X-MEN CHILDREN OF THE ATOMについて書いていい?
アーケードで稼働後、サターン版で発売した、俺が最高に好きな対戦格闘ゲームだ。
サターン版 5800円(別)カプコン 1995年11月22日発売 
アメコミの人気作をモチーフにした格闘アクション。
アーケードゲームからセガサターンにも移植!
滑らかなアニメーションも細部がカットされ、アーケードでは繋がらない連続技が成立していた。
カプコンの今後の超迫力系対戦ゲームの元祖となった意欲作にて傑作だ。
 
キャラクターの吹っ飛び方向にベクトルの概念が加味されたのも初。
一つ一つの技に力の方向と大きさが設定されているのだ。
ジャガーノートやセンチネル等、重量級は投げ技が大ダメージとなるが、吹っ飛びづらい。逆にウルヴァリン等の軽量級では投げ技ではダメージはそこまで大きくは無いが吹っ飛ぶ!
新しい試みがガンガン入っていた。
カプコンの対戦格闘ゲームは、このタイトルを境に、VSシリーズやストZEROシリーズなどに進化していくことになるのだ。
すべてが荒削りで衝撃的だった!
下手な応用が無いこの作品は、キャラクターの存在感がある。
キャラクターの『重さ』が伝わってくるのだ。
自分はひそかにX-MEN2を期待している。
最新では「タツノコVSカプコン」が現在開発中で、これもやってみたい。
ドロンジョもキャラクターとして使用可能☆
タツノコVSカプコン
www.capcom.co.jp/tatsucap/
だが、X-MEN2はまじやりたい!!
mixi コミュニティー X-MEN CHILDREN OF THE ATOM
mixi.jp/view_community.pl?id=1820792

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。