1927263_48.gif

ファミコンシュミレーションの金字塔!
俺も三國志にはまった一人だ。
中でも第1作目、第2作目に思い入れが強い!
1/光栄 1988年10月30日発売 2M+64K 9800円  8人対戦可
2/光栄 1990年11月 2日発売 4+256k 11800円 12人対戦可
★mixiコミュニティー 三國志1&2
mixi.jp/view_community.pl?id=1927263
~1作目~
光栄の三國志。
パソコンからの移植で、発売当時、子供向けのファミコンソフトが乱立する中で、黒背景に文字の列が大人の世界を感じさせてくれた。
 
特に【首をはねる】などは当時小学生だった私にはカルチャーショックなゲームであった。
戦闘はHEX戦。火計が強力で兵士が減るなどではなく、武将が一発で焼け死ぬ。
張飛でも呂布でも、誰でもだ。恐ろしー。
~2作目~
他国との同盟や共同作戦、計略などが加わり、かつ、武将一人一人に性格が設定され深みを増した。
わたくし事ですが特にMAP上密書を持って走るウマが好きだったなぁ。
移動途中でミスると、馬の色が変わって一目散に逃げ帰ってきて可愛かったなあ。
★姉妹コミュニティー
天地を喰らう1&2
mixi.jp/view_community.pl?id=254717
人気ブログランキング応援ポチ→blog.with2.net/link.php?673064

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。