【鈴木正行】 2970円のワケ

話題の社長ランキングボタンです。
記事興味深かったら押してってくださいね!
クリック→ 
鈴木正行です、
締め切りは8月3日23:59分まで:
今朝、締め切りを思い出して1通
送っているので、本日2通目です、
今回の『在宅中国貿易1dayセミナー』は、
超格安の2970円で参加いただくことが
出来ます。
2970円、、、
超激安です。
『この夏私が最も注力するイベント!』
という位置づけにしているので、
参加してくれた人がみんな笑顔で
『最高のセミナーだった』
言ってくれるものにしたい。
そんな想いから、
採算度外視で思い切り安くしたのですが、
どうも思いきり過ぎたようで、
逆に不安を与えてしまっているようです。
「鈴木さん、1日のセミナーで2970円って、
安すぎです。ということは、内容もそれなり
ってことですか?」

「安くしてくれるのはうれしいですが、
内容も薄っぺらなんだとしたら
逆に高い買い物になるかな・・・」
・・・
こんな質問が届いているので
お答えしますが、
『本来は私は安売りは嫌いです。』
安売りすることは弊害こそあれ、
良いことは何一つない。
とさえ思っています。
なぜか?
それは、
『安いものには理由がある』
からです。
例えば、
安くしなくては売れないほど内容が貧弱
であったり、サポート体制が薄いなどです。
こんなもの、売ってても、
販売者自身もお客さんもだれも
幸せにはなりません。
だから、私は安売りはしないのです。
本来は、、、
では、なぜ今回のセミナーを
2970円~にしているのか?
それは、今回のセミナーを、
『日頃の感謝を伝えるイベント』と
捉えていて、営利目的で行なうセミナー
とは捉えていないからです。
でも、『在宅中国貿易』の名前を出して
セミナーを行う以上、内容は通常セミナー
のクオリティ以上で行います。
要するに、
安売りは嫌いだけど、
今回はハナッから採算は頭になくて、
『日頃の感謝を伝える場として
集まってもらいたい』
でも、単に集まるだけの飲み会では
楽しく飲んで終わりです。
感謝を伝えるためには、
やはり何かを提供しなくては、、、
私があなたに提供できるものと
言ったら、、、
そうです、
『在宅中国貿易』で稼ぐ術
です。
だから今回は
会場代くらいいただければ
良いなと考えているのです。
ですので、2970円レベルのセミナー
をイメージしてしまっていたなら、
認識を変えてください。
在宅中国貿易で月収100万円以上
稼ぎ続けている講師が、
実際に行っているリサーチを
その場で実演して見せるのです。
「10万円払ってでも学びたい」
という人もいると思います。
この夏の私からのプレゼントです。
2970円~で10万円以上の学びを
得てください。
2970円(学び放題付き)~:
やっぱり値上げしようかな。
って気が変わらないうちにね。
鈴木正行